報連相(ホウレンソウ)上達研修 ー報告連絡相談ができないを改善する!ー

「日頃から報連相をしっかり行うように」「仕事ができる人は報連相がちゃんとできている」そのような言葉を聞いたことがある人は少なくないかと思います。しかし一方で「報連相のコツがイマイチわからない」と思っている人は多いのではないでしょうか。また部下・後輩を抱える上司・先輩社員の中にも、「うちの若手は報連相ができない」「部下がまったく報告してこなくて困っている」そのように悩んでいる方もいるかと思います。この研修では、職場内のコミュニケーションが円滑になる報告、連絡、相談のコツを学び、報連相ができるようになっていただきます。

 

研修概要

 

報連相ができるようになるためのポイントを学びます。

・求められる報連相の量は、職場・上司によって異なると知る

・「相手が何を求めているか」を考える

・「お礼」と「お詫び」を常に意識する

 

その上で、実際に報連相の練習を行うことで、理解するだけでなく、実際に「できる」ようになっていただきます。

 

カリキュラム

 

Ⅰ.報告・連絡・相談の違いとそれぞれのポイント

Ⅱ.求められる報連相の量は、職場・上司によって異なる

Ⅲ.「相手が何を求めているか」を考えることで、報連相が上手になる

Ⅳ.「お礼」と「お詫び」を常に意識すると、自然と報連相ができる

Ⅴ.相手にきちんと報連相をしてもらうためには

Ⅵ.報連相徹底演習~ロールプレイング

Ⅶ.日常生活で実践すること

 

報連相(ホウレンソウ)上達研修(6~7時間)

.報告・連絡・相談の違いとそれぞれのポイント

ー報連相について、悩んでいることを共有する[ディスカッション]

1.報連相の重要性

・報連相をきちんとやると ・報連相ができないと

2.報連相の基本

・報告とは ・連絡とは ・相談とは

3.報連相のポイント

・報告のポイント ・連絡のポイント ・相談のポイント

 

.求められる報連相の量は、職場・上司によって異なる

~ホウレンソウの量は最初は多すぎるくらいがちょうど良い!

・適切なホウレンソウの量を聞く方法

 

.「相手が何を求めているか」を考えることで、報連相が上手になる

ー職場で相手に「報告してほしい」「相談してほしい」と思う内容は?ー[個人ワーク/共有]

・周囲の人は、自分が思っている以上に自分のことを気にしている 

 

.「お礼」と「お詫び」を常に意識すると、自然と報連相ができる

・「この人にお礼することはないか?」を考える

・「この人にお詫びをすることはないか?」を考える

 

.相手にきちんと報連相をしてもらうためには

・話しかけやすい空気を作る 

・報告、相談をする基準を決めて伝える 

・経過報告をしてほしい場合はその旨を伝える

ー相手にきちんと報連相をしてもらうために、自分自身が工夫していることはー[個人ワーク]

 

.報連相徹底演習

複雑な事象を上司に報告するー[ロールプレイング]

 

.日常生活で実践すること

ー現場で実践することを考えるー[個人ワーク/発表]

お問合わせ

企業様に合わせてカスタマイズして実施することも可能です。お気軽にお問合せください。

併せてよく閲覧されているページ