経営者は友達がいない!?

 

このタイトルを見て、みなさんどのように思われたでしょうか。「経営者は友達が多そうなイメージなのに…」と思う人もいれば、「たしかに経営者には、友達と呼べる人は少なそう」と考える人もいるかと思います。経営者のみなさんはいかがでしょうか。「自分には友達はたくさんいる」という人もいるかと思いますが、「会社員時代より友達は減ってしまったなあ」と感じている人も多いかと思います。ここでは、なぜ経営者には「友達がいない」場合があるのか、実際に経営者の方に聞いた声を元に分析してみました。

 

■経営者の頭の中は常に仕事

 

経営者の多くがサラリーマン時代と比べて友達が少ないとすれば、常に仕事のことを考えている人が多いことが要因の一つかもしれません。経営者は、寝ても覚めても仕事のことを考えてしまうものです。これは多くの経営者が共感する内容かと思います。「売上が思うように上がらない」「取引先からクレームをもらった」「社員が辞めたいと言ってきた」このように経営者には悩みが尽きません。当然、休みの日も仕事のことを考えてしまいがちです。そうなると、休みの日に友達と遊ぼうとはなかなか思えないものです。このような状況だと、友達からの誘いに対する付き合いも悪くなり、次第に友達が減っていってしまうこともあり得ます。たとえ誰かと会ったとしても、会う相手がサラリーマンである場合、話が合いづらくなるケースもあります。雇用している側と雇用されている側では、価値観が異なり、話題がずれてしまうため、友達と会っていても心が安らがないという声も聞かれました。

 

■忙しくて友達と会う時間がない

 

仕事が忙しくて、友達と会う時間がないという人も多いかと思います。経営者はとにかく忙しいものです。特に創業当初は、夜遅くまで働き、休みの日も出社する毎日という人も多いのではないでしょうか。自分自身で時間を作り出せる立場ではあるものの、早期に会社を軌道に乗せない限りは生活が成り立たなくなる可能性もあり、ついつい仕事一辺倒になってしまうのです。そうなると友達と会う時間は必然的に削られてしまいます。仕事をする上での自由を手にする一方、プライベートにおける自由な時間がなくなり、友達も少なくなってしまうという皮肉な結果とも言えますが、こういった状況の人が多いのも現実です。

 

■友達に悩みを話せない

 

経営者仲間が多いという人は別かもしれませんが、会社員の友達が多い人の場合、仕事の悩みについてはなかなか話しづらいものです。経営者と会社員では、悩みの質が大きくことなることがあります。たとえば経営者の悩みが「会社経営が行き詰まっていて、今にも破綻しそうだ」という内容であるのに対して、会社員の悩みが「上司からパワハラを受けていて精神的に病んでいる」というものだったとします。それぞれ本人にとってはものすごく苦しい悩みかと思いますが、立場や目線がまったく異なるため、お互いに相手の悩みを理解できるもの、心の底から共感はできなかったりするものです。また両者が「部下が反発してきて苦労している」という同じ悩みを持っていた場合でも、お互いに共感できないというケースもあり得ます。経営者としては、どんなにやりづらい相手だったとしても、辞められては会社が回らなくなってしまうというケースも多くあります。そうなると、部下との関係性をなんとか修復するしかないという状況になることもあります。一方で会社員であれば、上司に相談して、組織変更や部署異動について提案するといった選択肢も出てきます。このように同じような悩みであったとしても、悩みの本質や、解決策が大きく異なってしまい、本音で話しづらくなることもあります。このような状況だと「同じ立場の人と話す方が救われる」と感じるようになり、経営者の場合は、同じ経営者に相談したいという結論に行きつくことも多いのです。

※経営者は孤独だと感じている方は、経営者の孤独の解消方法をご覧ください。経営者の悩みをまとめた内容については、経営者の悩みランキングをご参照ください。

 

■仕事上の人脈を優先してしまう

 

友達の大切さ、人付き合いの重要性を理解している経営者は多いかと思います。しかしただの友達を作るというよりも、仕事上でも有益な人脈を作りたいと思う人も多くいます。多くの経営者は、会社の経営が自身の人生における中心になっているため、知り合った人とも「仕事上でタイアップをしたい」「協業して何かしらのビジネスに繋げたい」そのように考えてしまいがちです。このように常に仕事に繋げるという考えを抱いている場合、純粋な友達はできにくくなると言えます。そしてこうした仕事上の人脈を優先してしまうことで、旧友とも疎遠になってしまうケースもよくあるのです。

※経営者の人脈作りについて興味がある方は、経営者に必要な人脈経営者の人脈作り経営者の人脈の作り方をご覧ください。

 

■友達がいなくても充実している

 

「自分は友達がいない」と思っている経営者の中には、「友達がいなくても日々充実している」と感じている人も多くいます。それだけ仕事が楽しく「仕事だけの人生でいい」と思っている人もいれば、家庭持ちの人で、「プライベートは家族との時間だけでいい」と考える人もいます。またそもそも人付き合いがあまり好きではなく、「休みの日は趣味に費やす方が楽しい」と感じる人もいます。こうした人にとっては、「友達ができない」というよりも、あえて「友達を作らない」という方が適切な表現と言えるかもしれません。

 

■経営者で友達がいない人は「フォースコミュニティ」へ!

 

以上のように、経営者の中には「友達がいない」と感じている人が多くいます。そんな人の中で、友達を作りたいと思っている場合は、ぜひ経営者のための人脈作りの場にご参加ください。「フォースコミュニティビジネス」では、経営者にとって有益な人脈を作ることができます。対象を経営者、フリーランス、士業、副業でビジネスを行いたい人としているオンラインコミュニティです。友達を作りたいと思っている経営者も、自身と似た境遇の人と知り合うことができます。また経営者のみをターゲットとした経営者コミュニティ「フォースコミュニティエグゼクティブ」も設立予定です。経営者で友達がいないと悩んでいる方は、ぜひご参加ください!