ロジカルシンキング研修 ー論理的思考力を鍛えるー

論理的思考力が身につくと、仕事上の様々な場面で効果が発揮されます。物事を深く考えられるようになったり、相手の話を理解しやすくなったり、自分の考えを相手に伝えやすくなったりする等、多くのメリットが生じるのです。それではどのようにして論理的思考力を身につけたら良いのでしょうか。論理的思考力は一朝一夕で身につくものではありませんが、ここではまず第一歩として習得すべきロジカルシンキングの基本について学んでいただきます。

 

研修概要

 

ロジカルシンキングの基本について学び、論理的思考力を鍛えるための研修です。論理的であるとどんなメリットがあるかを理解した上で、「因果関係」「MECE」「ロジックツリー」「帰納法と演繹法」等の基本的な考え方やフレームワークを学び、学んだ内容を仕事上で活かせるようになっていただきます。

 

カリキュラム

 

Ⅰ.論理的思考力を鍛えることの重要性

「ロジカルシンキング」「論理的思考力」という言葉だけ聞くと、中には「難しそうだなあ」と感じて抵抗を持つ人もいるものです。しかしロジカルシンキングとは決して学問的な内容ではなく、鍛えることによって、どんな仕事においてもプラスに働くものなのです。ここではまず、身近にいる人で論理的な人とそうでない人を思い浮かべていただき、どんな違いがあるかを認識することで、論理的思考力を鍛えることの重要性を認識していただきます。

 

Ⅱ.「なぜ」を考える -因果関係- 

論理性を身につける上で最も重要とも言える要素が、「なぜ」を考えることです。起こった出来事について「なぜ」を考えることで、真の原因や本質が見えてくるものです。またこの思考が身につくことで、何かを行ったときに、「結果」として何が起こるかを想定しやすくなるといった効果もあります。ここでは「なぜ」を繰り返す練習をしていただきます。

 

Ⅲ.情報を整理する -MECE-

情報を整理する際には、モレやダブリをなくす必要があります。このモレやダブリのない状態を「MECE(ミッシー)」と言います。ここではモレやダブリがあるとどんな問題が生じるかを理解した上で、MECEの重要性について学んでいただきます。

 

Ⅳ.情報を整理する -ロジックツリー-

情報を整理する際の方法として、ロジックツリーという手法もあります。「論理の木」という名前が表すように、情報を論理的な階層にして整理をする手法です。もちろん手法を学ぶだけでは現場ではなかなか使えません。そこで研修では、「自社の売上拡大」という身近なテーマを設定し、実際に手法を使ってみることで、その場で手法を身につけ、現場でも使えるようになっていただきます。

 

Ⅴ.説得力のある主張をする -帰納法と演繹法-

上司、同僚、取引先等とやり取りをする上で、自分の意見を主張したり、相手を説得したりしなければならない場面が存在します。そんなときに、「私はこうしたい」「こうした方がいいのではないか」とただ自分の考えだけを伝えても、相手に納得してもらうことは難しいものです。そこで相手に対して説得力のある主張をするための方法である帰納法、演繹法について学び、実際に使ってみることで、すぐに現場で活かせるようになっていただきます。

 

Ⅵ.ロジカルシンキング総合演習

研修の集大成です。論理的でない主張の文章を読み、どうすれば論理的な主張になるかを考えていただきます。研修で学んだ手法を復習し、定着化に繋げることができます。

 

Ⅶ.日常で実践すること

研修を受けっぱなしで終わらないように、現場でどのような場面で、どのような手法を活用するかを考え、宣言していただきます。

 

ロジカルシンキング研修(6~7時間)

Ⅰ.論理的思考力を鍛えることの重要性

1.論理的な人とそうでない人の違い

-論理的な人は、仕事上で何ができるか?-[ディスカッション]

2.論理的であることのメリット

3.論理的でないことのデメリット

 

Ⅱ.「なぜ」を考える -因果関係-

1.原因と結果

2.日頃から「なぜ」を考えることの効果

-なぜを3回繰り返す-[個人ワーク]

 

Ⅲ.情報を整理する -MECE-

1.MECE(ミッシー)とは~モレなくダブりなく

2.モレのない状態

3.ダブりのない状態

-与えられた情報をモレ、ダブりのない状態に分類する-[グループワーク]

 

Ⅳ.情報を整理する -ロジックツリー-

1.ロジックツリーの作り方

2.頭の中がゴチャゴチャしているときに書き出す

-自社の売上をアップさせる方法をロジックツリーで書く-[個人ワーク/共有]

 

Ⅴ.説得力のある主張をする -帰納法と演繹法-

-説得力のない主張の原因を考える-[ディスカッション]

1.帰納法とは

2.演繹法とは

3.相手を説得するための三段論法

-帰納法、演繹法を使って説得力のある主張を考える-[個人ワーク/共有]

 

Ⅵ.ロジカルシンキング総合演習

-論理的でない主張の文章を読んで、どうすれば論理的になるかを考える[グループワーク]

 

Ⅶ.日常で実践すること

-現場でどのようなことを実践するかを考える-[個人ワーク/発表]

お問合わせ

企業様に合わせてカスタマイズして実施することも可能です。お気軽にお問合せください。

関連情報

【公開型研修】
オンラインで開催する公開型のロジカルシンキング研修について掲載しています。
ロジカルシンキング研修[オンライン]

福岡で開催する公開型のロジカルシンキング研修
ロジカルシンキング研修[福岡会場]

併せてよく閲覧されているページ