経営者の集まり

 

経営者にとって、経営者同士の人脈を築くことは非常に重要です。経営者の知り合いが多いと、業務提携ができたり、専門領域について支援してもらえたり、さらには自社の顧客になってもらえたりすることもあります。しかしそんな経営者が集まる場所は多くはありません。ここでは、経営者の集まりにはどのようなものがあるかをご紹介します。

 

※どのように人脈を作るかについて知りたい方は、経営者の人脈作りを、経営者にとってどんな人脈が必要かご興味がある方は、経営者に必要な人脈をご参照ください。

 

■異業種交流会

 

経営者が多く集まる場として、異業種交流会が挙げられます。異業種交流会とは、その名の通り、様々な業種・職種の人が参加する交流会です。経営者の中にも、人脈作りのために異業種交流会に参加するという人は多く見受けられます。なお世の中の異業種交流会には、特に対象を限定していないものもありますが、フォースコミュニティビジネスが主催する異業種交流会は、対象を経営者、士業、フリーランス、副業でスキルを提供したい人に限定しています。経営者にとって必要な人脈になりやすい層のみを対象としているため、ビジネスメリットを生じやすくなっています。詳細はオンライン異業種交流会「フォースコミュニティビジネス」をご覧ください。

 

■ビジネスマッチング企画

 

異業種交流会よりも、直接的にビジネスを創出させる場として、ビジネスマッチングを目的とした企画があります。異業種交流会の多くは、ビジネスマッチングを目的としているわけではなく、あくまで中長期的な人脈作り、関係構築をテーマとしているため、すぐにビジネスに結びつかないケースもあります。そこでお勧めしたい内容がビジネスマッチング企画です。フォースコミュニティビジネスが主催するビジネスマッチング企画は、前述の異業種交流会同様に、経営者、士業、フリーランス、そして副業でビジネスを行いたい人を対象としています。異業種交流会との違いとしては、直接的なビジネス創出を目的としている点です。この企画では、1対1で10分間ずつ自由に会話ができます。そして10分間が経過したら、組み合わせを変えていきますので、様々な人と、じっくり交流できるのです。詳細についてはビジネスマッチング企画をご覧ください。

 

■経営者コミュニティ

 

 

お伝えした通り、上記の異業種交流会やビジネスマッチング企画は、経営者以外も対象に含まれます。しかし中には、「経営者のみが参加する企画に参加したい」と思っている方もいらっしゃるかと思います。そこでフォースコミュニティでは、2021年中に、経営者コミュニティ「フォースコミュニティエグゼクティブ」を設立予定です。参加対象を経営者のみに限定することで、経営者同士の人脈作り、ビジネスマッチングがしやすくなります。企画としては、経営者のみを対象とした異業種交流会や、ビジネスマッチング企画を開催予定です。またそれ以外にも、経営者にとって有益な企画を多数ご用意する予定です。詳細が確定し次第、経営者コミュニティ「フォースコミュニティエグゼクティブ」にてご案内します。

 

■経営者の集まりに参加するメリット

 

 

経営者の集まりに参加することには、多くのメリットがあります。ここではどのようなメリットがあるかを記載していきます。

 

【多くの人脈ができる】

これまでお伝えした通り、経営者の集まりに参加することで、数多くの人脈を作ることができます。すぐに何かしらの話にならなかったとしても、半年後、1年後、場合によっては5年後、10年後に、その人脈が役に立つ場面が出てくるかもしれません。人脈を構築することは、中長期的にメリットが生じる可能性があるのです。

 

【新たなビジネス創出に繋がる】

経営者同士で交流することで、新たなビジネスが生まれる可能性もあります。自社だけではできない事業や、専門家の支援が必要な内容について、ビジネスマッチングによって、実現される可能性があります。

 

【多くの刺激を受けられる】

長く経営をしていると、「アイディアが枯渇してきた」「だんだん行き詰まってきた」そんな状況に陥ることがあります。そんなときに他の経営者から刺激を受けることで、新しいアイディアが浮かんだり、新たな光が見えてくることもあります。

 

【知識が深まる】

各界で活躍している人の話を聞くことで、他の業種や職種、また経営に関する知識を深めることができます。知的好奇心、知的探求心が強い方にとっては、相手と話をするだけで有益な時間になるかと思います。

 

■経営者の集まりに参加するデメリット

 

メリットがあれば、当然デメリットもあります。ここでは経営者の集まりに参加することのデメリットをお伝えします。

 

【時間が奪われる】

経営者は忙しいものです。仕事後の時間や、休日にも休めないという人も多いかと思います。そんな方にとっては、2時間程度の企画でも、貴重な時間を奪われてしまいます。時間を費やすだけの価値があるかを見極めた上で参加されると良いでしょう。

 

【有益な出会いがあるとは限らない】

多くの人と交流したとしても、必ずしも自身にとってビジネスメリットがある出会いになるとは限りません。場合によっては、「有益な人脈は作れなかった」と思うケースもあるかもしれません。この問題は、人と知り合う場においては必ず生じますが、「偶然の出会いを、自分自身の努力でなんとか有益なものにする」という考え方も必要かもしれません。

 

【同業の人がいない可能性がある】

「せっかくなら同業者と知り合いになりたい」と考える方もいらっしゃると思います。しかし世の中には様々な業種があるため、こうした場では、自身と同様の業界の人に出会う確率は高くありません。「異業種の人と出会いたい」と考えている人にとっては、問題にならない内容かと思いますが、「どうしても同業の人と出会いたい」と考える人は、こういった場にはそのようなリスクがあるということを認識する必要があります。

 

■まずは経営者の集まりへご参加を!

 

以上、経営者の集まりについてご説明させていただきました。経営者が集まる場は様々な形があり、参加すること自体にメリット・デメリットがあります。しかし、まずは一度参加してみることをお勧めします。参加してみることで、自身の経営にとってプラスに働くような人脈ができるかもしれません。もちろん絶対にそうなるとは言いきれませんが、参加してみなければ、そうした人脈は確実にできません。経営者の集まりをお探しの方は、ぜひ一度、ご参加ください。

 

※経営者コミュニティ「フォースコミュニティエグゼクティブ」は設立準備中のため、すでに活動している異業種交流会「フォースコミュニティビジネス」にぜひご参加ください。