コールセンター×マーケッターでウェビナー開催【ビジネスマッチング事例】

参加者インタビュー

太田陽平さん(株式会社ジーシー代表取締役)

 

【事業

コールセンター/Webマーケティング/コンサルティング

 

【ホームページ

株式会社ジーシー

 

-今回は、フォースコミュニティビジネスの参加者である株式会社ジーシーの代表取締役でいらっしゃる太田陽平さんにインタビューにお答えいただきました。太田さん、まずは簡単に自己紹介と、どのような事業をされているかを教えてください。

 

株式会社ジーシーの太田と申します。前身の会社の創業から数えて今年で11期目となります。事業支援のソリューションを提供している会社でして、経営相談から事業コンサルティング、営業支援、WEBマーケティング等、他方面にご支援をしております。主要業務としてはコールセンターを運営していて、様々な企業様に、戦略から運営までのご支援を行っています。またWEBメディアの運用、通販メディアの運用等、コールセンターを絡めた事業を多く行っていることから、一貫して企業様をご支援することが多いです。それからコールセンターのノウハウから生まれたSaaS系の業務支援ツールを自社で開発し、全国で販売をしています。約500ライセンスの販売実績があります。現在は、全国にコールセンターのコミュニティを作り、様々な会社様の案件・プロジェクトに携わっています。

 

-フォースコミュニティビジネスに参加した理由・きっかけを教えてください。

 

きっかけは、コロナ禍になったことですね。それまでは交流会のような場にはほとんど行かないような人間だったんです。行ったとしても、お付き合い程度で年に1回、2回くらいでした。また弊社の集客方法は、そもそもインサイドセールス、いらしたお客様に対する反響営業です。基本的には現場の担当者が対応するため、私自身は新規の営業は行っていませんでした。そのためしゃべる機会も減っていて、人との繋がりがほしいなあとちょうど思っていた頃でした。そんな中で、どこかいい交流会はないかと探していたところ、たまたま見つけたのがフォースコミュニティビジネスでした。コミュニティの参加者の中には、小規模事業主、スタートアップ企業、個人事業主、フリーランスが多いだろうと想定し、弊社のマーケティングの部署、開発の部署で一緒にお仕事ができる方が見つかればいいなと思っていました。また色々なプロジェクトを立ち上げているので、新しい商売の投資先、一緒にプロジェクトを組める相手、顧問先等が見つかったらいいなと思っていました。そのため交流会で売上を作りたいという思いは一切なく、単純に繋がりがほしいと思っていました。特に繋がりたかったのは、エンジニアさん、マーケッターさんでしたね。社内で募集して採用することも可能なのですが、育成コストもかかります。であれば社外で探し、「個人でも取り組みたい」という熱量を持った方、ポテンシャルの高い方と組んだ方が早かったりします。そのためそういった人と繋がりたいと思い、現在まで参加し続けています。

 

-ご参加いただいた結果、求めていた繋がりができたか?

 

はい、できました。参加者の中にはWEBマーケッターの方も多くいらっしゃいました。ビジネスマッチング企画で何名かと一緒になり、その後話が進んだ方もいます。こうしたWEBマーケッターの方の多くは、BtoCの事業を行っている小規模事業者に対して、LINE、twitter、Instagram等のマーケティングをされています。一方で弊社は、小規模事業者に対してではなく、エンタープライズ寄りの企業に対して商売を行っています。相手がある程度の規模の法人の方が、売上も作りやすく、競合も少ない傾向にあります。そのためWEBマーケッターさんに対して、「法人相手の商売についても、ラインアップの一つとして持ちませんか」というご提案をしました。弊社はそうしたツールのメーカーでもあるため、そのツールを活用して商売をしませんか?という内容です。その結果、実際に興味をもっていただき、「やりたいです」と言ってくださるマーケッターさんとお会いすることができました。

 

求められていた繋がりができたようで良かったです。その方とはとんとん拍子に話が進んでいったのですか?

 

そうですね。ビジネスマッチング企画で話をした後、Facebookグループ上で友達申請をして、その後個別でオンライン面談を行いました。そして2回目、3回目で「今後こういう流れで進めていきましょう」と具体的に話を詰めていきました。

 

-具体的にどのような話になったのでしょうか?

 

弊社ではウェビナーを月1回程度開催していますが、そこでタイアップを行いました。「コールセンター×マーケッター」といった内容や、弊社がMA(マーケティングオートメーション)ツールのベンダーでもあるので、「MAツール×マーケッター」のようなイメージです。そこでマーケッターの方にも一緒に話をしていただくことがあります。マーケッターの方にとっては、話す機会ができると共に、「企業とタイアップした」という実績も作ることもできます。それによってご自身の商売に活かしていただくことができるのです。さらに弊社のMAツールや弊社のリソース、ノウハウを武器として使っていただくことで、エンタープライズ寄りの商売ができます。個人が相手の商売よりも、法人が相手の方が単価が高くなるため、売上も上がりやすくなりますからね。そういった方向に進むために我々を活用してほしいと思っています。ちなみにウェビナーについては特にお金も頂戴していません。それ以外にもマーケッターさんからお金をいただくつもりは一切ないんです。本来は、お金を頂戴してお教えするレベルのものを提供しているのですが、マーケッターの方に対しては、あくまでツールを使っていただくことがゴールなんです。弊社では企業に対する運用代行等で売上を立てていますしね。

 

-太田さんは、短期的にマネタイズをするということはまったく考えていなくて、マーケッターとの関わりができることで、ゆくゆく会社にとってプラスになればいいという考えでいらっしゃるんですね。

 

そうですね。短期的な収益については、私の場合はまったく考えていません。売上は他で作れているので(笑)。そのためこのコミュニティについては、完全にパートナー探しの場として使っています。

 

-先ほどの事例は、ビジネスマッチング企画で会ってからスムーズに話が進んだケースかと思いますが、はじめに会って、すぐには何も生まれなかったけれど、何カ月か経ってから問い合わせがあったケースもありますか?

 

そうですね。コールセンターをやっているという話を最初にしているので、後から思い出してもらうケースがけっこうあります。「知り合いがテレアポをしてくれる人を探しているので、ご紹介してもいいですか?」と聞かれたこともありました。また電話代行のサービスについてもありましたね。弊社のサービスに、会社宛ての電話を代わりに受けて、LINEやチャットで内容をお伝えするサービスがあるのですが、個人事業主の方にもニーズがあるんです。代表者が全部の電話に出るのではなく、スタッフが出ているように見せる方が格好がつきますし、移動中や会議中の電話を転送することで、機会損失を防ぐことができます。こうした内容について、弊社では月額10,000円から対応しており、そういった内容について他の方にご紹介いただいたこともありました。こうしたケースもあるため、ビジネスマッチング企画では、10分間(1回の面談時間)に、いかに相手の印象に残ることを話せるかが重要だと思います。毎回相手が異なるので、同じことしか言ってないですけどね(笑)。そこはオンラインの企画の良いところだと思います。トークスクリプトを用意しても相手には見えませんから(笑)。

 

-トークスクリプトがあるとは気が付きませんでした(笑)。たしかに最初に会ったときには検討するタイミングでなかったとしても、数カ月間経ってからそのサービスを利用したくなるというケースはありますよね。そうしたときにいかに思い出してもらえるかは、すごく重要ですね。

 

-続いてフォースコミュニティビジネスに参加した感想を教えてください。

 

運営がすごく丁寧だと思います。私もいろいろな場に参加しましたが、本当に丁寧に案内してくださいますし、「こういうコミュニティだ」「こうしてくださいね」ということもきちんと説明していただいています。ここ以外の場は、なんとなくやっている、悪く言えば雑にやっているところが多い中、すごくしっかりやっているという印象を受けます。金額も安価だと思います。それに金額に関連して、想定されるリスクを潰してくれていると思いました。WEB回数券を購入しているのですが、期限が切れる少し前に「もうじき期限が切れる」ということを案内をしてくださったことも、そう感じた要因の一つです。

 

参加者の質についてはどうでしょうか?

 

それに伴い、参加者の質は高いと感じます。結局、運営がだらけると参加者もだらけるものだと思います。そのため「運営=参加者」だと思っています。そのルールに則って参加する人が集まる場ですからね。なので結果的に、そういった人がリピーターにもなるのだと思います。

 

-最後にこれから参加する方にメッセージをお願いします。

 

スタートアップ企業の方、個人事業主の方の参加が多いと思いますが、本来、交流会はパートナー探し、繋がり探しの場だと思っています。そのため「すぐに売れなかったからもう今後は行かない」といったスタンスでは行かない方がいい。そういったコミュニティではないという前提で参加された方がいいかと思います。すぐに売上に繋がるかを気にする人もいると思いますが、そもそも金額が安いので、とりあえず参加してみたら良いと思います。そして価値がないと判断すれば、行かなければいいだけの話だと思います。すぐに売上に繋がることを求めず、あくまできっかけ作りの場として参加した方がいいと思います。それに焦った雰囲気が出てしまうと、相手も逃げちゃいますからね。それはここに限ったことではありませんが。あとは麻雀仲間も探しています(笑)。実際にお一人、一緒に麻雀をやった人もいます(笑)。近くに住んでいる方はぜひ!

 

-株式会社ジーシー代表取締役の太田さんのお話を伺いました。太田さん、本日はありがとうございました!

 

株式会社ジーシー 代表取締役 太田陽平(おおたようへい)さん

 

株式会社ジーシー代表取締役。経営相談から事業コンサルティング、営業支援、WEBマーケティング等、他方面に展開。主要事業ははコールセンターの運営。

 

こうした内容にご興味のある方、サービスについて知りたいという方は、ぜひ株式会社ジーシーにお問い合せください!

 

【ホームページ】

株式会社ジーシー

 

参加者インタビュー[ビジネスマッチング事例]

中島康太さん(YouTubeマーケター)


参加者紹介

下記ページでは、フォースコミュニティビジネスの参加者をご紹介しています!


関連ページ